FC2ブログ

ユトリエ書房 =ゆとり+アトリエです。本屋の話中心です。ではグーテンベルク!←書店の挨拶(嘘)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:-

9.11と危機管理

11月目標達成万歳!!

ワーワー。そして今日からまたリセットだ。小売業に気の休まるときなんてないんか?

「9.11生死をわけた102分」という新刊を読みました。
ニューヨークの自爆テロのドキュメントです。・・・こわい。

だって帯に「人間が落ちていく」って書いてあるんじゃ~~!!なまらこええ~~

飛行機が突っ込んでからビルが崩れ落ちるまでの中外の人たちを書いてます。よって登場人物の半分は亡くなってます・・・シーン。

殉職した消防士たちを美化するのは結構だが、ぶっちゃけ無駄死にした人もいると書かれています。無線がろくに使えず、ビルが崩れそうという情報を知らずに、ロビーで休んでた消防士がいっぱい死んだそうだ。
このハイテクの時代に・・・

建設時に、できるだけ貸しフロアーを広く取りたかった為、非常階段をすべてビルの真ん中に設置したので、北棟は飛行機に階段を一気に破壊され、もとより上の階の人たちに助かる見込みが無かったというのは物悲しい。必死で屋上に逃げようとしたが、鍵がかかってでれなかったし、そもそも屋上がゴチャゴチャしててヘリが止められんかったって・・・・どうよそれ・・・

南棟は、北棟がやられてすぐ、1階まで避難した人もいたのに、「ここは大丈夫だから戻っていい」といわれ戻って死んだ人もいる。
一個だけ階段が助かったのに、それを知らずに死んだ人も。

まさかビルに飛行機が突っ込むなんて思わなかったにしろ、危機管理が不十分だったのは確かです。でも起こってみて初めてわかるもんですよね、こういうのって・・・でも「飛行機突っ込んでもこのビル平気ですよ」って当時言ってた人もいたらしい。熱で全体崩れるとまでは考えてなかったんだろね・・・想定外。

極限でも勇敢な人や、家族に必死でお別れを言う人がいて辛い。(なんと電話が生きてたのだ)

映画化決定らしいがどういう物になるんでしょうね。
姉歯さんはこの本を読んだほうがいいと思います。
スポンサーサイト
我思ふ | 2005-12-01 (木) 00:00:00
コメント:2 | トラックバック:0

« 7SEEDS ★★★★☆| ホーム | 大停電の夜に ★★★☆☆ »

コメント一覧


最近、僕はインフルエンザの予防接種に行ってきました!
鳥インフルには効かないけど・・・・・

2005/12/04 00:38:38 | URL | ('-'*)


最近、僕はインフルエンザの予防接種に行ってきました!
鳥インフルには効かないけど・・・・・

2005/12/04 00:38:49 | URL | ('-'*)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

スポンサーサイト9.11と危機管理のトラックバックURLはこちら
http://yutoriebooks.blog26.fc2.com/tb.php/78-84f02933

| ホーム |

Author


ふみQ
ふみQ
本に携わって10年にならんとす。
合間をぬって漫画描いたり
温泉に行ったりしてます。

Search

Category

Archive

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。