FC2ブログ

ユトリエ書房 =ゆとり+アトリエです。本屋の話中心です。ではグーテンベルク!←書店の挨拶(嘘)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:-

模倣犯 ★★★★☆

女性のバラバラ遺体が発見される。被害者の家族をももて遊ぶ犯人は、自動車事故により明るみに出たと思われたが。

とにかく犯人が憎らしいと心から思えたのは初めてです。
有馬のじいちゃんをいぢめただけで死刑に値する。
半分の時点で真犯人がわかっているのに、本人が出てくるのがスケープゴートの家族を救うヒーロー役なのがまたむかつく。
被害者の心理も丁寧に描いていて、事件は解決しても遺族の傷は癒えないのが哀しい。
高井兄妹をアホだと思ってはいけないのでしょうが、もうちょっと何とかならなかったのか。ご両親が気の毒だ。イノセントな少年が出てくるのもあいかわらずだなと思いました。
最後まで一気に読めてハラハラしましたが、模倣犯に引っ掛けたオチはちょっと強引かな、あんな手であっさり逆上する人間かなピースは。と思いました。でもお茶の間にリアルタイムで激白したシーンは凄かった。視聴率80%くらいいったんじゃないか。 配役ですが、ピースは加勢大周(年の事は抜き)ヒロミは保坂尚希か沢村一樹、有馬さんはいかりや長介で勝手にイメージしてたんで、映画は観てません。中居君をピースにするんなら真一役をジャニーズの若手にしとけばおいしかったのにと残念です。
スポンサーサイト

« 文庫化すると表紙がダサくなるのは何故か。| ホーム | ドーナツの穴の定義 »

コメント一覧

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

スポンサーサイト模倣犯 ★★★★☆のトラックバックURLはこちら
http://yutoriebooks.blog26.fc2.com/tb.php/40-52458817

| ホーム |

Author


ふみQ
ふみQ
本に携わって10年にならんとす。
合間をぬって漫画描いたり
温泉に行ったりしてます。

Search

Category

Archive

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。