FC2ブログ

ユトリエ書房 =ゆとり+アトリエです。本屋の話中心です。ではグーテンベルク!←書店の挨拶(嘘)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:-

ゲームブック「さまよえる書店員」

1 君はゲームブックを知っているか?
  知っている→2へ
  知らない→3へ

2 今日、お客様が「この本ありますか?」って持ってきたメモを見て、
  君は心臓がとまりそうになった。
  「さまよえる宇宙船」「火吹き山の魔法使い」社会思想社
  と、そこには書かれていたのだ!
  それがどうした→5へ
  なんだとおおおお~!→4へ

3 ゲームブックとは、本でやるRPGといったらよいのか・・・
  選択肢があって、色々話の展開が変わっていくんですよ・・
  このブログ読めばわかる(説明になってねえ~
  →2にすすめ

4 20年も前の本だ!君ははやる気持ちを抑えつつ、「こちらの本は
  もう絶版になってまして、出版社も倒産しているんです。」
  と説明したが、すらすら出てくる台詞にその主婦は疑っている!
  主婦の話をきく→6へ
  自分語りを始める→5へ
  主婦に襲いかかる→7へ

5 社会思想社のアドベンチャーゲームブックシリーズ!
  小~中学校の時ハマり、数年前はフェアまでやろうと思って
  いたのに、出版社が倒産していて泣く泣く断念した。
  熱く語る君に明らかに主婦はひいている!
  主婦の話をきく→6へ
  主婦に襲いかかる→7へ
  その場から逃げ出す→8へ

6 今、子供たちの間で流行ってるらしいと主婦は言う。
  そんな馬鹿な!
  とりあえず検索する→9へ
  トロールにもらった巻物があれば→10へ

7 主婦 体力点8 技術点9
  サイコロを振って吉が出たら君の技術点に2を足せ。
  凶が出たら・・・って戦ってどうする。君の冒険は終わった。

8 きびすをかえした君の足元に、突如ぽっかりと落とし穴が
  開き・・・「なんで店にトラップがあああ?」と疑問を
  持つ暇も無く、尖った無数の刃が君を突き刺した・・・
  君の冒険は終わった。

9 やっぱり社会思想社の商品は絶版になっていた・・・
  何故子供たちは本を知っているのか?
  さらに主婦を問い詰める→11へ
  疲れたから適当にあしらう→12へ

10 いつもらったんだそんなもん!
  古い羊皮紙には君にもよくわからない言語が書かれていた。
  木こり小屋で緑の液体を飲んでいれば→13へ
  飲んでいなければ→14へ

11 図書室で先生がお勧めしてて、それが子供たちの間で
  流行っちゃって、なかなか借りられなく買うことにしたそうだ。
  その主婦は君に礼を言って帰っていった。
  さらに検索してみる→追記へ
  次の仕事にかかる→15へ

12 もう少し粘れば、君に値千金のチャンスがめぐったかも
  しれない。幸運を掴むにはほんの少し努力が足りなかった。
  君の冒険は終わった。

13 なんと、文字が読める!
  「☆〇#ж@Э~!」
  君の手から幾筋もの閃光が飛び出し、主婦に突き刺さる。
  主婦は壁に叩きつけられ気を失う。気を取り直し冒険を
  再開しよう。・・・・・するなよ。

14 戸惑う君を尻目に、主婦は懐から小瓶を取り出し、中の液体を
  君に振り掛ける。なんと、君はブタさんになってしまった!
  今夜は主婦が腕をふるって美味しいシチューを家族に
  ふるまうことだろう・・・君の冒険は終わった。

15 会社員として君の態度は間違ってはいなかった。
  さわやかな気持ちで仕事を再開する。
  わずかな引っかかりはあるが、時が解消してくれる事だろう。
  君の冒険は終わった。



  
   

   ・・・疲れた。普通に順番に読めるし・・
久しぶりに更新したのがこんなに濃くていいのか~?

もっと調べると、「火吹き山」「バルサスの要塞」は
扶桑社から文庫で再版してました。「ソーサリー」も創土社って
とこから刊行してました。その他は・・・A4版1900円ってのは
もはやゲームブックじゃないぞ~?ページめくれないじゃねーか!
さっそく取れるものは発注しコーナー作ることにしました。

君はあの主婦がまた来店してくれる事を願いつつ
パソコンを叩くのであった。君の冒険は終わった。

また次回ゲームブックについて語ります。
スポンサーサイト
おしごと | 2006-03-10 (金) 01:59:52
コメント:4 | トラックバック:0

« 回る回れば回るとき| ホーム | ジャクソンorリビングストン? »

コメント一覧

やずとろも
はじめまして。
スティーブ・ジャクソン&イアン・リビングストンのは洋書でなら手に入りませんかね…

ソーサリー4部作はゲームバランス、ストーリーに加え、
なにより挿し絵がすでに芸術の域に達しております。
「火吹き山」の挿し絵も好きでした。洋書の挿し絵ってなんであんなに素晴らしいのでしょうか。

2006/03/17 00:11:54 | URL | 耳呈

ざらだんまー
ヤズトロモという耳呈さんのタイトルに反応しちまった。

読んでくれ~ってメールが来てたのに反応が遅れてごめんなさいです。爆笑しました。私なら「○へすすめ」のところにページ内リンクを貼りまくりたいところです(笑)
なんかふみQさんなら「アンリミテッドサガ」を面白いと言うかもしれないなと思いました。

バルサスの要塞やソーサリーの挿絵はなんていうか凄いよね。
中学の頃何故か近所の友達(♀)もソーサリーを持ってて貸してくれたんだけど、二巻の「城塞都市カーレ」の表紙がトラウマになりそうでしたよ…
あんな気持ち悪いモンスターを表紙にすな~!

2006/03/18 20:14:28 | URL | 洵

なんだっけそれ・・・
ものすごくきき覚えがある言葉ですが、思いだせん・・・
ゲーマー失格ですか?

挿絵は妙に空間があって怖いですね。
「バルサス」のガンジーの絵が嫌でした。
洋書は海外からだと一ヶ月くらいかかってまうので、よっぽど根性がないと集めるのつらいかも・・・
洋販が扱ってないと取れないし。
扶桑社がどんどん出してくれるといいのですが、バルサスから一年経って次が無いのでダメみたいですね。
「地獄の館」希望です。

2006/03/27 22:37:25 | URL | ふみQ

ざんばーぼーん
>ヤズトロモ
「運命の森」の舞台の森の外れに住んでる魔法使い。もう一個出てる話があるんだけどタイトル忘れた。

>ザラダン・マー
「モンスター誕生」のラスボス。
異世界に追っ払えるだけで倒せない。ストレス溜まりまくり。

>ついでにザンバー・ボーン
こっちは盗賊都市のラスボスです。王冠かぶった骨。

RPGの固有名詞とか忘れられないタイプです、自分。

2006/03/28 08:50:43 | URL | 洵

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

スポンサーサイトゲームブック「さまよえる書店員」のトラックバックURLはこちら
http://yutoriebooks.blog26.fc2.com/tb.php/107-aefa5a3e

| ホーム |

Author


ふみQ
ふみQ
本に携わって10年にならんとす。
合間をぬって漫画描いたり
温泉に行ったりしてます。

Search

Category

Archive

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。