FC2ブログ

ユトリエ書房 =ゆとり+アトリエです。本屋の話中心です。ではグーテンベルク!←書店の挨拶(嘘)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:-

博士の愛した数式 ★★★★★

小川洋子作。
事故の後遺症で、80分間しか記憶が持たない数学博士の元にやってきた家政婦と息子(ルート)。三人はいつしか数学と阪神タイガースによって結ばれていく。だが博士の記憶は段々短くなり・・・

ワタシ本を選ぶとき、ラストの文章が美しい物を探すので後ろから立ち読みするのです。ミステリーの敵です。この本は最後の2ページ、江夏の描写にほれ込んで速攻買いでした。文章は普通なんですけど、何度読んでもなんだか泣けてくるんです。いや泣ける描写など特に入ってないけど・・・何ででしょ。
小道具の使い方が圧倒的に上手いです。完全数の28から背番号28の江夏、阪神タイガースに繋げてく。「江夏は完全数を背負った選手だった」ってしびれる~!江夏はこんなに格好良く描かれて幸せだね。
80分しか記憶が持たないってかなり寂しい。誰も死んだりしない小説だけど、毎回お手伝いさんとルートの記憶は失われてて、江夏の引退を知った博士がまた可哀相なんだなこれが・・・
小川洋子の他の作品も読みましたが、大体においてグロい。
これが一番アクが抜けていて一般向けだなと思いました。
数学の事はさっぱりですが、日常生活に上手く繋げてて、面白かった。
映画楽しみです。吉岡秀隆って誰役で出るんだろ・・・青年ルート?出番少ないのに大物だな・・・
スポンサーサイト

ファッソンの秋ざます

お洒落の秋だからですかね、今月はファッション誌が異様に分厚い気がする。
特に「LEON」と「MAQUIA」!!もはや鈍器の域に達している。ビニール袋が一枚じゃ破けるんで二枚重ねにしていてコスト倍増だ。デアゴスティーニみたく専用袋つけてくれよ!!
大体お客様も読みにくかろう・・ダンベルか?ダンベルのかわりなのか?オシャレでなおかつ筋肉も隆々のイタリアオヤジになれって事かぁ~~こっちはいいメーワクなんだよう!ジローラモなんかイタリアに帰っちまえ~~!!・・・すいません・・ラモさん(←勝手に省略するな!中島らもかよ)いい味の顔でホントは好きなんです。
プリプリしながらレジで新潮社の郵便物を開けたら・・・
き・き・きたああああああ!!
「博士の愛した数式」の映画化POPが入ってた!長らく待たせてくれたなマイハニー!あんまりはっきりしないから新潮の営業の方に「まさか映画化より先に文庫化しちゃいませんよね~?」とか訊いちゃったよ。「さあどうですかねえ」などと言ってましたが、文庫化しないでね!まだ文芸書バージョンでいけるから!!
嬉しくて、いてもたってもいられず、POP抱えてカウンターの中を冬眠明けの熊状態になって、獲物を求めて右往左往してしまった。
博士が寺尾聡でお手伝いさんが深津絵里~!はよ観たい~!
いい感じの写真ですよ、さあ売りますよ!だから文庫化はちょっと待ってね
おしごと | 2005-09-30 (金) 04:37:14
コメント:0 | トラックバック:0

魔人探偵脳噛ネウロ ★★★☆☆

謎を喰って生きる魔人脳噛ネウロが人間界に降臨。女子高生桂木弥子をあやつり、探偵事務所を開いて今日も美味なる謎解きに励むのだった。

徹夜明けに読んだ漫画がコレかよ(笑)
一言で表すならキモカワイイ漫画ですな。普段こういうブッキーな漫画に手は出さないのですが・・・
変なアングルの立ち位置とか寄生獣みたいな異形キャラとか結構クセになる。
推理物と一応謳っているようだが単なるネタ漫画なんで、トリックとかは気になんない。
アヤ・エイジアのトリックだけはちと気になったけど・・
結局自分で相手の首に縄かけてたけど、アリバイトリックの意味無くないか?
ネウロが俺様キャラでツボ。「このナメクジが」とか言って天井に貼りつく変態さんだ。
ドーピングコンソメスープとかジャンプで人を殺すとかもう無茶苦茶。
たまにちょっとイイ話になりかけるが、このまま突っ走って欲しい。
でもこれで20巻くらいまで続いちゃったらどうしよう・・・

棚卸し終了~

昨晩は棚卸しの立会いで徹夜作業でした。

半年分の在庫の狂いをチェックするんですが・・・

明るみになった万引きだけでも幾らあったかな~

万引きはゴキブリにも似て、1匹見かければ背後に60匹居るといふ。(大書房423ページより抜粋)

業者の方がタカチャカタカチャカやってる間、伝票チェックしつつ私は荒ぶる神に祈り続けた。

「どうかロスがあまりでませんように・・・せめて○○○くらいでヨロシクです。」

無事終了し朝焼けの中フォーマットに数字を打ち込む。

3-2-1-・・・ファイヤー!!!!・・ポチっとな。

うっ・・ぎゃああああああああああマジでえ~~!!!

夢だこれは夢に違いないヤバ過ぎる!

ロスが少なければ帰って朝一で免許更新に行こうと思ったが最早それどころではナイ。

誤差を縮めるべく伝票を丹念に拾っていったら日が高くなってしまった。

帰ってやけくそになり買ってきた漫画を読む。

昼の12時だからもう寝なきゃ。←完全に間違ってイル。

おしごと | 2005-09-28 (水) 12:14:42
コメント:0 | トラックバック:0

グッバイ、レーニン! ★★★★★

ドイツが東西に分裂していた頃のお話。
東ベルリンに住む青年アレックスの父親は、彼が幼い頃西側へ逃亡して以来音信不通。反動で母親は愛国主義者に。つつましくも幸せに暮らしていたある日、アレックスは反体制デモに参加。それを目撃した母は心臓発作で倒れ意識不明に。その間にベルリンの壁が崩壊、ドイツは統一してしまう。目覚めた母が知ったらショックで今度は死にかねないと危惧したアレックスは統一の事を隠そうと決め、母の前で旧東ドイツを必死で演出するが・・・

優しいウソ八百物語はすげ~好きです。嘘のニュース番組を作ってるうちに理想のドイツ像が浮かび上がってくる構成も素晴らしい。っていうかニュースまで作るか普通。
素直に病院に入院させといた方がなんぼか楽だったんじゃないかと思いましたが、まあ必死だったという事で・・・
統一したとたん東の商品が全部西のブランドになってしまいピクルス一つ手に入れるのも苦労してて、そんなに東ってダメダメだったのかよ!って悲しくなりましたね。撮り方がなんかマンガちっくで面白かった。アパートの窓という窓に取り付けられたパラボラアンテナがきらりんぱって輝く様とか、母親の視点でアレックスを透かした後ろのビルにコカコーラの垂れ幕が下がってくとかユニークでした。
サッカーの試合を通して東西が心を一つにするとこはリアルですよね。
スポーツの力ってすげーよな、ビバ!クーベルタン←五輪の父
西の亡命親父がちゃっかり結婚してて、「ひまわり」のアントニオ宜しく男って弱い生き物なんだなと思いましたよ。登場人物が皆優しくて、結構アレックス無茶苦茶いってるのに付き合ってくれてて偉いな。
母親は嘘に気づいてて、最後の嘘ニュースの放映の時に、彼女だけテレビじゃなくて息子の方を見ていたのは泣けました。(たぶん恋人が教えてたんだと思うけど、ショックで死んじゃったらどうすんだと・・)
ユーモアがありつつ泣ける私のスキスキパターンでした。
アレックス役の青年がカッコよかった。映画チケットの写真がお洒落なので、部屋の壁に貼ってます。

ホリー・ガーデン ★★★★★

江國香織作。
野島果歩と甲田静枝は幼馴染。失恋で心のバランスを崩し男性と適当なつきあいをする果歩を心配する静枝。一方昔自分の不倫を批判したのに今画廊のオーナーと不倫関係にある静枝をちょっと複雑な気持ちで見やる果歩。正反対の2人だが心の奥は深い信頼で結ばれている。
果歩を慕う年下の中野君の存在がいい中和剤になって、ゆるやかに時は過ぎていく。

江國作品の中では目立ってない方ですが、この作品が一番好きです。
特に果歩側の小ネタが可愛らしく、カフェオレボウルで紅茶飲んだり、休みの日に一人でピクニックに行ったり・・・やっちまったよオレ!!
でもこれ、どこかで心を閉ざしている果歩らしいエピソードですね。ものすごい手の込んだ和食を毎日作って毎日違う友達を夕食に招待するくせに、急に中野君に訪ねてこられて「ゴミが捨てられない」とぼやく香歩。一方水泳で汗を流し朝はコントレックスとビタミン剤、「料理しない、結婚もしない」と言い放つ静枝。10年ほど前の作品ですが、今読んでも全然色あせないんでしょっちゅう読みすぎて表紙が色あせたよ。
でも同じ職場に香歩いたら正直むかつくかも・・・「私用電話は程々にして仕事しろ!」って象足でなくても言いたくなるわい。
愛想はいいし美人なのに何考えてるかわかんないし。象足に一票。
「いつまでこんな生活続けるつもりか」と静枝が問うた時はオオッと身を乗り出しましたが、結局はぐらかすのも江國流か。
話に筋らしい筋も無いので映像化は無いと思いますが、初めて読んだ時は江角マキコに静枝を演じてもらいたかった。今は昔。

棚に差しとくとあんまり売れないけど、オリジナルフェアをかます時は、この作品と村上春樹の「遠い太鼓」無理やり理由つけて必ずいれます。もちろんPOP付で。必ず売れます。今回の「女性が秋に読みたい文庫フェア」にも入れて、初回分はあっという間にはけました。
なのに、ああ、なのに。昨日入荷してきた「ホリー・ガーデン」になんと腰帯がついてるではないですか!どこかの書店員さんのおすすめで、本屋が仕掛けるベストセラーみたいな帯!アタシが先に押してたのよオオオオオ~と思うのはナンセンスだってわかってるけども!最近よくある本屋からベストセラー仕掛けましょって風潮は正直萎えます。
そんなの出版社や取次から強制されるモンじゃないと思うし。個々の本屋が自発的にやってく物でしょ。「白い犬~」とか「セカチュー」の例見たら美味しいのはわかるけどさ・・・上からアタシの手作り帯かけてやる。っていうかもう押すのやめよかな・・・勝手に売れてくだろうし。

鋼の錬金術師 ★★★★☆

死んだ母親を錬金術で蘇らそうとした幼い兄弟は、禁忌に触れた報いを受け、兄は左足、弟は全身を失ってしまう。とっさに兄エドワードは自分の右手を代償にそこらへんにあった(←オイ)鎧に弟アルフォンスの魂を定着させる。元の体に戻るためには強大な力をもつ「賢者の石」が必要と考えた兄弟は、家を焼き故郷を後にし、旅立つのだった。

↑という設定だけで満点あげたいです。アルが元に戻れるか気になって
、それだけで最終回まで読み続けそうです。2巻の冒頭のエピソードみたいな錬金術の不気味さみたいなのをもっと読みたかったですが、軍部が活躍し始めるとアクション映画になってしまい、それはそれで面白いですが個人的には残念。引きの部分とかとにかく読ませようとする勢いは感じます、でもキンブリーがいつまでも出てこなかったり、ホムンクルス全員出てないのに死ぬヤツがいたり全体通すとアレ?って感じるとこがあります。ロス少尉が逃がされた部分とか細かく説明しなくてもいいかなとか、謎の回収の仕方はあまり好きではないです。少年マンガだからきちんと説明しなきゃならんのかな・・・
絵はすごく見やすくて、特に群集のオヤジとかきちんと描いてあって好きです。途中からキャラクターが総じてゴツくなったり太くなったりしたのはちと気になりました。人物のバックが真っ白か真っ黒しかないのは寂しい・・・そこがいいんですかね。
主人公のモノローグがあまり無いんで、第三者の視点で見た映画テイストになっててシブくて好きです。台詞まわしもそんな感じです。
国家錬金術師とか軍の狗とか機械鎧とか固有名詞もかっこいい。
親父もでてきたしこれから楽しみです。でも親父がラスボスだったらがっかり。兄弟は自分の意思で闇に足を踏みいれたのに、「オレ達がこうなったのは運命だったのかーッ!!」てなるとつまんないです。孫悟空がサイヤ人だから強いのと同じ理屈になるのは勘弁です。

なんか読み返すと批判してんな私・・・いえこの漫画すげー好きです。
続き気になるんでガンガン買ってるし!!
錬金術使えたら楽しいかな~?他の社員の方と、「錬金術使えたらまず店のボロいとこ直そーゼ」って言ってパンッ床ペタッてやっても何も起きなかった・・・

パソコンやべェ

目覚めたら14:00でした。人間のクズでございます。

マスタング大佐に敵の野望の内容を説明する夢を見た。

漫画そこまで進んでいないのに何を話していたのか気になるぞ・・・

二度寝して見る夢はくだらない物が多いですな。

ネット接続して三日。何と本を一冊も読んでません。この私が?

パソコンおそるべし~だって面白いんだもの~

書籍業界がパソコンに押されてるのもよくわかります。

ブログ始めるのに本買わなきゃと思ってたのに、実際パソのガイダンスに

従ってやってたらとりあえず出来てしまった。

ぐおおおお負けを認めてたまるもんかあ~ビバ書店!カモン書店!

マーベラス書店!トップオブザワールド書店~!!←もはや言いたいだけ

そろそろ本や映画の感想なども入れていきたいのですが、追記に入れるか、

本文にするか、出来ればリンク貼って別のとこに入れるが宜しいのか

悩み中です。今晩は棚卸のため20:00出勤なんで←意地でも年中無休

ゆっくり考えます。
未分類 | 2005-09-27 (火) 15:03:56
コメント:0 | トラックバック:0

微妙についてない日

本の入荷も無かったし逆送の商品の返品交渉を行う。

書籍って委託返品制度なので基本的に売れなくなったら返品できるんで

す。でも中には取次(問屋さんのようなもん)で買切と判断され

バックされる物も多く、直接出版社にOKもらってまた返す訳です。

↑ブログでこーゆう説明ってつまんないかな・・・

失敗したらうちで買い取りになってしまうんで超ドキドキもんです。

返品理由とか訊かれてもなあ・・・「ぶっちゃけ売れませんでした」と

言いたいがとにかく頭を下げて一部だけでも了承してもらう。

しかし最近ムックに返品期限がさりげな~く入ってる物が多い!!

(そこ~ムックと言えばガチャピンではないんだぜ!!)

これじゃムックの意味ないよ・・・電話したら、「たぶんダメだと

思いますが当社に往復ハガキで交渉して下さい」

と言われた。「リミットあるなら最初っから別冊で出せよ!二度とオマ

エんとこのムック棚に並べないぜ○○○○○」←お好きな出版社名をど

うぞ・・・と一人で激高し、「体調悪いし定時であがって銭湯にでも

行ってリフレッシュするかね」とバスタオル抱えていったら定休日。

微妙についてない。テレビつけたらフレンドパークにⅤ6が出てた。

岡田君が見れて少し回復しましたよ。明日は半年にいっぺんの棚卸。

頑張んなきゃ!







続き »

未分類 | 2005-09-26 (月) 22:23:07
コメント:0 | トラックバック:0

半焼け(右半身)

文庫化記念に「半落ち」とかけてみた。横山秀夫万歳。

駐車場で中古ビデオの販売をしました。本以外の仕事があるのが

複合店の悲しさよのう。9月だが日差しがきつい。右半身に太陽神の

熱い眼差しを感じつつお客様にお声かけ。

「ビデオお安くなってますよおおお」って全然お客様こねえよ!!

そりゃそうだこんな素敵な天気に行楽に出てない訳が無い。

現に昨日は地図がバッカ売れ、アラお客様明日は道の駅めぐりを

なさるんですかケッコウな事ですわねアタシも休みたいよ馬鹿野郎と

悪態をついてましたからね。暇なので仕入れすぎた「恋バナ」の

拡販装飾を作りつつたまに踊りながら半日過ごしました。

前回は日焼け止めを忘れて痛さでのたうち回ったけれど今回はバッチシ

さ!・・・足に塗り忘れた・・ハンパに痛いよう・・

未分類 | 2005-09-25 (日) 23:21:02
コメント:0 | トラックバック:0

セレブ祭り

書籍の担当者会議ありまして、上司より「あんたんとこの客層はセレブ

向けのフェアやると良い」とお達しがでたので早速発注をしてます。

キーワードで「セレブ」「モテ」「愛され」「ブランド」など打ち込み

内容を検討していきます・・・何かやんなってきたぞ・・・うんざり。

ここ数年モテってキーワ-ドが多発してて、Cancamあたりは

凄い事になってますな。皆同じ顔してて誰だか区別つかねえ。

でも自分を磨く行為はけっして悪い事じゃないし、やっぱモテたい

よな人間ならば。モテの為に美しい日本語を覚え愛されるカラダになり

優雅で野蛮な女になるのだ←何かこの本のタイトル気になった

結果としてセレブになれなくても人としてアップするんだからいい事だ

このフェアでたくさんの人がモテになるといいなあ。

私もこの類の本たまに買いますよ。このままじゃマズイだろって事で。

でも努力と継続という言葉が私の辞書には存在しないんだよ・・・

綺麗の反対語はブスではない、怠惰だ・・最近よく思います・・

未分類 | 2005-09-21 (水) 03:13:11
コメント:0 | トラックバック:0

サンプル大好き

小学生の頃、サンプル職人に憧れてた時があり(嗚呼ロウを型に流し込みたい・・・

ドールハウス用の粘土細工などやってたんですが、いまだに小さい物に目が無いです。

芸術の森で海洋堂フィギュア展を開催していたので見に行きました。

エヴァンゲリオンと北斗の拳がやたら多くて、面白かったけど男の子向けだなと。

可愛い食玩が見たいんじゃあ~と思っていたら、ナイスな本が出ました!

その名も「ぷちサンプルBOOK」!!

コンビニやスーパーでよく見かける、女の子向けの食玩メーカーさんが製作したフィギュアです。

食器カフェめしコスメ名産物と、乙女心ど真ん中ストライクですよもう!!

おまけに寿司フィギュアついてました。近所のスーパーにフランス雑貨シリーズまだあったんだよな・・・

買っちゃおうかな


DSC00872.jpg

木更津キャッツアイ ★★★★☆

長くなりそうなんで興味のない人は飛ばす事。
木更津に住む21歳のぶっさんは、家の手伝いをしながら友達と野球やったりビール飲んだりブラブラする毎日。(ニートって奴じゃないのかコレ)
ある日ぶっさんはガンで余命半年と告知される。死ぬまでに特にやりたい事も無いとのたまった彼のため(とは明言されてないがそうに違いない)せめてぶっさんが笑って楽しく余生を過ごせるように、野球仲間は怪盗団「木更津キャッツアイ」を結成。残りの日々をバカやって生きる。

宮藤宮九郎は合わないと勝手に決め付けるのは良くないと反省しました。笑えるし、ホロリとするし何度見ても飽きないスルメドラマでした。「おまえらに心配されるくらいなら死んだ方がまし」という主人公に「正直めんどくせぇな」とのたまう友人・・・すげーな。
撮り方もちょっとブレてて友達がハンディカメラで記録してるような感じで、自分らも木更津に住んでるかのような気分にさせられました。
ぶっさんがゴミに突っ込んで倒れる場面を俯瞰で撮ってて、下からメンバーが近づいてくるとことかリアルで好きです。やらないってわかててもロシアンルーレットのシーンは息止めちゃうし。
7話の「なんでだよ!」ってぶっさんの頭上の壁殴るシーンや、台詞にかぶせてカメラが引いて、「TKみたいじゃん」「これってビミョウじゃね?」ってキーボード見せるやり方は漫画的で面白かったです。
エンディングの映像も格好良くて、嵐の曲も合ってました。どーでもいい事ですが、二回目の「ぜんしんぜんれめざしてくうぇ~い」のとこで、ぶっさんの横顔を写したカメラが下に下りてって、腕のキャッツのロゴを見せた所に丁度テロップで「ぶっさん 岡田准一」ってキャスト名が出るタイミングが上手いと思いました。映像に気をとられてたんでハッとしました。単なる偶然だと思うんですけどワザとならすごい。
役者さんもみんなはまってました。酒井若菜ちゃんは地味に上手い。
木更津ってド田舎みたく表現されてたけど日本のほとんどなんてあんな感じですよ。私の実家なんて札幌市なのに地平線見えますもん。だからちょっと懐かしい感じでした。野球狂の詩の内装もお洒落。でも一般のお客さん入ってるとこほとんど見ないけど、経営大丈夫なのか?30年後もつぶれてなかったからOKか。
すっごい馬鹿トークの掛け合いや、円陣組むとことか女の子には憧れですね。絶対入っていけないからうらやましかった。モー子が円陣「やってみたかったの~」はわかります。男の子の世界だ。
岡田准一君はたたずまいだけで馬鹿の影の死の恐怖みたいのを表してて、いい役者さんだなと思いました。二面性のある役が似合いそうですね。ところでモー子におそいかかる時照明に頭ガンってぶつけるのはワザとやってんのか?笑ったじゃねーか!
映画は、冒頭のピザすけのイワブチ君ネタが好きでした。あとはあんまり・・・ライブシーン長いのはきつい。氣志團苦手だし。クドカンってライブ好きなんですかね。よく出てくるし。ぶっさんが結婚までしてしまったんでもう続編ないだろな・・後半年くらい残ってるけど、岡田君はもうぶっさん難しいと思うし。
そう考えると本当期間限定の奇跡ドラマだったですな。自分も若い頃はこんな馬鹿やってたなとなつかしく、もう取り戻せない貴重なしかも恥ずかしい部分を見せられたような歯がゆいドラマでした。

と、はまる人はとことんはまっちゃうけど、駄目な人はだめなんだろうな。見る人を選ぶ感じで、視聴率悪いとか言われてたみたいですがわからんでもない。だいたいリアルタイムで見ても台詞早いし小ネタは多いしで、最初っから録画体制とりますよこれは。この客層ってそもそもこの時間家にいないよ、バイトとか飲み会とかで。
加藤鷹や哀川翔とか地元ヤンキーが好きそうなネタが多い。あと30歳前後はわかるけどあとはわからなさそなのもありましたね。諸星君とか。
美礼先生のレズねたとかよくわからなかった。不安定だったからという事で宜しいのでしょうか。
やっさいもっさいとかアサリとかダサいけど良かった。地元だねえ。
DVD買って損はしないと思います。

クドカン→岡田君→キャッツアイ

一つのきっかけから興味がでっかく広がってくのは趣き深い。

クドカン作品はロケットボーイズを少し見てたくらいで、しかも織田裕二目当てだったので、
話もちょっと面白いな程の認識しか無かった。

この春、タイガー&ドラゴン始まった時、ヤクザ落語の設定が面白そうだったのと、
長瀬智也に興味があって見始めたんですが!!

脚本と岡田准一にはまってしまった・・・(皆さん敬称略ですスマン)

下の妹に、「もしかして岡田君ってかっこいいような気がする」とのたまったら、
「今更そんな事に気づいたのか」的な事を言われ「Ⅴ6でしょ知らないの」と言われ・・・
・・・Ⅴ6?ジャニーズの?すいません知りませんでした。

いやグループ名くらい知ってますよ!ふふん。←えばるとこではない

でも就職して以来TVつける習慣ほとんど無かったんで!ゴールデンタイムは大抵お店にいたし!
メンバー全員言えるのはkinkikidsまでだ(2人しかいないだろ~!!)

まあ話も面白くて、ウチのレンタルでクドカン作品がめっちゃ回ってるそうだし見てみようと

「木更津キャッツアイ」借りたけどこれが面白くて!DVD買っちまった・・・
岡田君見たさで「フライ、ダディ、フライ」観ちまった・・・

自分の知らない世界がぶわーっと広がるのは楽しいですな!

新潮パンダの腕時計

正確にはyondaパンダですが、新しい販促出ましたね。

最初のシンプルなのが好きだったのでしばらくノーマークでしたが、

今回はそそられるプレゼントが多く参加してみようと思います。

「腕時計がやっぱり欲しいね!」って朝POP見ながらスタッフと

話してたら「夏目漱石ですか」・・・違う文豪でなくてパンダの方!

仕事中にさりげなく身に着け、レジでお客様に「スゴイですね50冊

読んだんですか~」なんて言われたい。「いえそんな書店員ですから

当然の事ですわホホホ」などとえばりたい。

一応村上春樹と江國香織は全部持ってるから他のと合わせて30冊は

あるハズ・・・家に帰って本棚あさりました。獲らぬ狸の皮算用とは

まさにこの事、ほとんどが古くて販促無かった時代の本ばっか!!

灰谷健次郎とか全部あってもしょうがないよう・・・今角川だし。

しかも3分の1程は切り取り済み。そういや数年前の販促で参加しよう

と切ったけどそのままだった・・・痴呆症かアタシは!!

結局20冊分しか集まらず、後は買って集めるしかねえよ・・・

新しい作家さんを開拓するいいチャンスかもしれんなと店の棚を

眺めてみましたが・・・う~ん・・恩田陸いっとく?

一気に集めるなら・・・司馬遼太郎・・?超つれー!!藤沢周平?

一応伊坂幸太郎と深夜特急シリーズ買いました。ハマレば一気に

六巻いけますからね。待ってろパンダ!必ず腕に巻いてやるからな~!


未分類 | 2005-09-05 (月) 02:40:35
コメント:0 | トラックバック:0

| ホーム |

Author


ふみQ
ふみQ
本に携わって10年にならんとす。
合間をぬって漫画描いたり
温泉に行ったりしてます。

Search

Category

Archive

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。